bloglogo

 

※α7Ⅱで撮影した画像に関して、EXIFの開放値は、カメラに手入力した、レンズ補正情報から取得しています。実際にはマニュアルで絞りリングを操作していますので、開放値は違います。

川越の町並 フィルム実験室#3

2014年3月29日Film

フィルム実験室第三弾は川越の時の鐘でお送りします!
時の鐘、江戸時代から続く、歴史を感じさせる佇まい。
現在は、江戸時代とは違う24時間での鐘が鳴っていますが、鐘はタイマーによるオートメーションで鳴っておりましたw

今回も懲りずに、PanF+にNEOPANとデジタルを混ぜてあります。
フィルムは露出のみ合わせて、デジタルは、最近気に入っているアンバー混入の精一杯で比較となります(^^)

20140322-503cx104Panf+

PanF+
やはりシャドウ部の粘りは驚異的ですね。どこかで有機物を有機物として描写するフィルムと記載されていましたが、実際使用してそう思います。金属の質感が気に入って手を出しましたが、実際には、有機物も得意なんだと感じさせます!

20140322-503cx115ネオパン

NEPAN 100 ACROS
ん~君はホント優等生!なんも言えね~!

20140314-P1060665 GF1

 LUMIX DMC-GF1 G 20mm/F1.7 II ASPH.
あくまで比較で出します。デジタルの良さは出てると思います・・・

ハイライト部での粘りは、ネオパンすごいです。やはり上から下まで素晴らしい使い勝手ですね。

もう少し続くかも・・・お付き合い下さいw


8件のコメント

  1. Ricky007 より:

    むぅ~やっぱおいらはACROSが好きだなぁ~♪
    もはや好みの問題ですけどね。
    GF1に関しては、やはりすこし平べったく感じますね。
    フィルムかデジタルかってよりもレンズの焦点距離の問題なのかなぁ~?!
    まぁ~ブランイドで選べって言われてきちんと当てる自信はないけどね(笑)

    • gucci より:

      Rickyさん、こんにちは!
      NEOPANはやはり良いですよ。自分もそう思います!
      GF1の素子の大きさで浮遊感は厳しいですね~
      おやじくらいならどうにかなりますけど、風景は無理無理w

  2. 皐月の樹 より:

    おお~!
    精力的にされておりますね~!^o^/
    こういう歴史ある街並みの描写には、PenF+のハイコントラストな描写が合いますね~!
    瓦屋根や、板壁の質感の描写、いいな~!^o^/

    一方、アクロスは仰るとおりで、強烈なレンジですね~!
    この諧調は、やっぱり優秀ですね~!
    使いやすいな~!

    それにしても、この20mmF1.7は、いいレンズですね~!
    m3/4とは思えない立体感です!v^o^

    • gucci より:

      皐月の樹さん、こんにちは!
      PanF+の描写、ホント力強いですよね~
      そして、ネオパンのどうにでもなる優等生ぶりw
      まさに、外車と日本車ではないでしょう。
      パナのパンケーキは、ホント良いですよ~
      大好きなレンズの一つです(^^)

  3. 黒顔羊 より:

    う~む、これは興味深いです~♪
    Pan F+とNeopan Acros、日頃から感じている違いがばっちり浮き上がってきますね。^^
    ネオパンは本当に優等生で、どんなポストプロセスにも絶える優等生ですね。
    デジタルっぽい、とも言えるかな、GF1との対比を見ると。^^
    20mm/F1.7、これも非常に解像感の高いレンズなので、デジタルの良さがでておりますね。
    でも、シャドウのエネルギーに満ちたイルフォード系、白黒フィルムらしさがあって好きだなあ♪

    • gucci より:

      黒顔羊さん、こんにちは!
      PanF+の力強さは、やはり良いですね~
      Perceptlという現像液も良いと思います。
      この現像液は、モノクロの力強さを増してくれます。
      結局現像時間が長く出来る事が、シャドウ部の階調を豊かにし、境界部のエッジを際だたせるということで、
      モノクロ現像において、行く付く先は、静止現像の世界かも知れません・・・

  4. film-gasoline より:

    おおお~!またまた興味深いレポートありがとうございます。
    やはりここでもネオパンは優等生ですね。
    このワイドレンジで撮っておけば、後でどうにでも出来てしまいまそうですね^^;
    明日、ネオパンたくさん買っておこうかな(笑)

    • gucci より:

      film-gasolineさんこんにちは!
      ネオパンの優等生ぶりは凄いと思います。
      フィルムのスキャニングとポストプロセスを工夫するとどうにでも出来る感じですw
      ゆっくりと現像を進ませるほうが、シャドウ部の階調が良くなって、境界部のエッジもシャープになるので、ネオパンとPercptolの組み合わせが良いですね~
      私は、ネオパンメインでこれからの季節日差しが強くなるので、PanF+も忍ばせておこうとかと考えています(^^)
      現像液はしばらくPerceptolで決まりです!

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。