bloglogo

 

※α7Ⅱで撮影した画像に関して、EXIFの開放値は、カメラに手入力した、レンズ補正情報から取得しています。実際にはマニュアルで絞りリングを操作していますので、開放値は違います。

切支丹住まう崎津集落

2015年8月25日Digital

20150805-_IMG9198_tonemapped

20150805-_IMG9209_tonemapped

20150805-_IMG9211_tonemapped

20150805-_IMG9219_tonemapped

崎津の港町に世界の風が吹く・・・

崎津天主堂がシンボルのここは、崎津集落です。

来年には世界遺産へなると思われます(^^)

ただ・・・ここへ車で熊本市から3時間ほどかかります。

私の親父の若いころは、天草五橋も無く、船でしか渡れない土地だったそうですので、これでも近くなったのでしょうね(^^ゞ

何にせよ、家族を説得して、下田温泉から崎津集落まで30分程で来ました(^^)

「長崎の教会とキリスト教関連遺産」という事で、決まれば喜ばしいことなんですが、観光客でこの地域が壊されてしまわないか・・・

そんな心配をしてしまう、静かな切支丹の隠れ港でした・・・

Memo:Photomatix Pro 5
1:DA FISH-EYE 10-17mmF3.5-4.5ED
2-4:smc PENTAX-DA 15mmF4ED AL Limited

Location:熊本県天草市/崎津集落にて


6件のコメント

  1. 黒顔羊 より:

    うぉぉぉ、これは魅力的な場所です~♪
    和の静けさと、洋のエキゾチズムが同居している感じです。
    隠れキリシタンが住んでいた場所なのですか・・・
    この教会はかなり古いんでしょうかね。
    世界遺産に指定されるのはうれしいですけど、観光客が増えてこの静謐な雰囲気がスポイルされるのは残念です。

    • gucci より:

      黒顔羊さん、こんばんは!
      家族とおまけの子供も居たので、ガッツリ撮影という訳には行きませんでしたが、かなり魅力的な漁村でした(^^)
      ホントは、その辺で干物を売っているおばあちゃんとか、船とか、夕景に海の岬にあるマリア像等、色々撮りたかったのですが^^;
      教会の中は撮影禁止になっておりまして、既に噂を聞きつけた観光客も結構訪れておりました。
      来年は、かなりの人出になる可能性ありますね・・・
      でも、駐車場とか全然ありませんし、そもそも、ココに来るまでの道もかなりヤバイですw
      車一台しか通れないトンネルが2箇所程ありますしね、今必死に整備しているようなので、その頃には道も綺麗になるのでしょうか・・・
      ホント、この雰囲気が壊されるのは残念ですね^^;

  2. film-gasoline より:

    お~、なんとも不思議な集落ですね!
    和と洋が同居した感じ、それに南国の植物がエキゾチックで面白いです。
    なんるほど、またもや世界遺産ですか・・・?
    人影の見られない静かな集落にとっては、喜ばしいような不安なような・・・^^;

    • gucci より:

      film-gasolineさん、こんばんは!
      既に観光客がちらほら見られましたが、ここ迄来るのはホント大変なんですよね^^;
      苦労して山道を運転してきただけあって、歴史を感じる素晴らし漁村でした~
      規模的にも、実際には長崎がメインな所もあるので、こちらはおまけというところでしょうかねw
      そうなんですよ・・・この雰囲気が失われる方が悲しいような^^;

  3. 皐月の樹 より:

    なるほど~、世界遺産登録間近なのですね~!
    立派な教会ですね~♪
    やはりこの辺りは、キリスト教徒の方が多いのでしょうか?^^;
    長崎は、中学、高専の修学旅行で2度ほど訪れました。
    素敵な場所でした!
    でも、やはり有名なのでかなり観光地化されてますよね~^^;
    この場所は、もっとローカルな雰囲気で、好みです~♪
    仰るとおり、世界遺産登録によって環境が変わるのは・・・どうかな~?ですよね^^;
    世界遺産登録って、観光地化戦略の一環ですので・・・なんだか本来の目的とすり替わっているように感じることも・・・あるんですよね~^^;

    • gucci より:

      皐月の樹さん、こんばんは!
      この教会というより、この集落全体が遺産になっております(^^)
      ここは熊本の天草の辺境なんで、メインは長崎なんですが、こちらは静かで良かったのが騒がしくなるのは残念かも知れません^^;

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。