bloglogo

 

※α7Ⅱで撮影した画像に関して、EXIFの開放値は、カメラに手入力した、レンズ補正情報から取得しています。実際にはマニュアルで絞りリングを操作していますので、開放値は違います。

smc PENTAX-FA 77mm F1.8Limited

おやじ #63 -獅子舞-

2016年1月3日Digital

20160103-_IMG2678

「今年もよろしくなのじゃ!」


赤城の虎

2015年6月1日Digital

20150515-_IMG8090

ここは桐生市板橋・・・あそこに見える個体は!

 

20150515-_IMG8081

そう!FORDくん!

 

20150515-_IMG8087

20150515-_IMG8088

オーナーさんの話を聞いたら30年選手との事。

エンジン載せ替えてまだ現役との事で、浅間の牧場時代からこの個体と一緒だと誇らしげでした(^^)

盗難の心配しておりました^^;

Location:Kiryu-shi


おやじ #32 -VS GREEN INVADER-

2015年5月31日Digital

20150530-_IMG8109_tonemapped

「なっなにをするんじゃ!」

流石のおやじ殿もこの季節の蔦の侵略には叶わないようです^^;

Memo:Photomatix Pro 5

Location:伊勢崎市某所


桜吹雪の向こう側

2015年4月11日Digital

20150406-_IMG7096

20150406-_IMG7094-2

舞う花びらの先に見える明るい季節・・・

FA 77mm Limitedだとより花びらが柔らかく感じます(^^)p

追記:

桜吹雪の向こう側、山口百恵の「さよならの向こう側」とかけております、冬へ別れを告げ、新しい季節へという意味を込めて(^^)

(邑楽郡/大泉町)


陰影礼賛 #4 -耐え浮く屋根-

2015年3月10日Digital

20150215-_IMG5348

20150215-_IMG5354

20150215-_IMG5351

風雪と時の流れに耐え浮くように・・・

古民家の屋根は、時代の流れの中を耐えた力強さを感じると同時に、まるで時から取り残されたような感じを感じる時があります・・・

まるで、星空を眺める時の様に、時の流れを忘れるような感覚・・・

陰影を際立たせたまま、この時感じた浮いたようなフワッとした感覚が伝わるでしょうか・・・

古民家シリーズ終わりです。お付き合いありがとうございました(^^)

POST PROCESS:High-intensity black(高輝度な黒)

(行田市/さきたま古墳群旧遠藤家)


免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。